ワークプレイスメント(有給インターンシップ)は実践的な就業体験事業

 ワークプレイスメント(有給インターンシップ)は、学生を企業が派遣社員として有給で受け入れ、正社員が行う営業、企画、マーケティング等の実務を経験させる仕組みです。ワークプレイスメントに参加する学生にとっては、一般的なアルバイトでは経験できない就業体験ができる内容となっており、学生の就業力の養成につながります。
 ワークプレイスメント(Work Placement)は、イギリスで1970年代から大卒者の就職状況が悪化したことを背景に、教育機関と企業が連携して、学生の就業力育成に取り組む制度として定着したものです。この度の学生就業体験事業「ワークプレイスメント」は、こちらをモチーフに開発されたプログラムです。学生の就業力育成において高い効果が期待されます。

求められる学生、企業、大学の取り組み

相互間の連携により実現

学生

  • 社会とのギャップを埋める
  • 社会人基礎力の向上・成長
  • 積極的な就職活動・キャリア意識の形成

企業

  • 早期の人材育成、社会貢献
  • 採用時のミスマッチの解消
  • 職場への定着率を高める取り組みの推進

大学

  • 人材を育てる教育改革
  • キャリア教育の向上、見直し
  • 学生のタイプに応じた就職支援プログラムの提供